僕はバカな経営者

バカ経営者のM&A体験談や苦悩や愚痴

株式投資(配当金)

もう年末ですねー!

 

早いものです・・・。

年齢を重ねるごとに凄いスピードで過ぎていく感覚になるのは何故でしょう?

 

さて、今日は株式投資に係る配当金についてです。

私の手持ち株の割合をいうと、

  • 日本個別株40銘柄
  • 米SP500ETF 3銘柄
  • 米個別株 2銘柄
  • 投資信託(SP500)1銘柄

のような形になっております。

投資額合計2300万円付近です。

ただし、私は株式投資については素人です!あまり参考にはならないと思います。

詳しくは、以下のブログを参考にしてください。

 

iehisa.hatenablog.com

 

 

iehisa.hatenablog.com

 

 話を戻します。

12月は手持ち株の中の「日本個別株中間配当金」が集中して入る時期です。

f:id:iehisa:20191209161216j:plain

手持ち株の中で、「配当金」があった銘柄は

  1. 5411 JFEホールディングス
  2. 7182 ゆうちょ銀行
  3. 8411 みずほフィナンシャルG
  4. 9434 ソフトバンク
  5. 1808 長谷工コーポレーシヨン
  6. 8133 伊藤忠エネクス
  7. 9201 日本航空
  8. 2768 双日
  9. 5481 山陽特殊製鋼
  10. 8002 丸 紅
  11. 8058  三菱商事

です。(※この銘柄を勧めてるわけではありませんので!)

 

上記は今のところ含み益になってますね!

 

配当って結構うれしいものです。

金額的には大したことなくてもうれしいです!

銀行に預けておくよりよっぽど良い!と感じてしまいます。

まあ、含み損が大半を占めるとそうも思えない感情になるはずですがw

そうならないために分散しているつもりですが、こればっかりはわかりません・・・。

したがって、預金額すべてを株式投資に回すことは出来ません。

しかし、自分のポートフォリオの中に株式投資を組み込む!を排除した考えにもなれません。

 

話は変わりますが、先日ニュースで

  • 大手銀行の三菱UFJ銀行は一定期間、取り引きがない口座から手数料を取る方向で検討に入りました。長引く低金利で経営環境が厳しくなっているためで、預金者から手数料をとることになれば大手金融グループ3社では初めてとなります。
  • 三菱UFJ銀行は、現在は口座を持つのに手数料はかかりませんが、2年間、出金や入金などの取り引きがない口座からは手数料をとる方向で検討しています。
  • すでに口座をもっている預金者は手数料の対象にはしませんが、来年の秋以降、新たに口座を開設する預金者が対象になります。
  • 手数料は年間1200円とする案を軸に調整を進めています。来年3月をめどに最終的に実施するかどうかを判断する方針です。

と、出ていました。

今後、このような取り組みが増えるのだろうなあ。

と個人的には感じております。

そうであると仮定するのであれば、なおさら株式投資は有益だと強く思った次第です。

投資にリスクはつきものですが、それを含め一度ご検討されてはいかがでしょうか?